かぎ針編み

かぎ針編みの終わりで最後の段は?巻きかがり始末手順も写真画像付で解説!

かぎ針編みでいろいろな編み方をマスターできるようになったら、次はどんなものを編もうか夢がふくらみますよね。

しかし気になるのは、「編み終わりはどうやって始末すればいいの?」という点です。

せっかくうまく編めても、最後の仕上がりがうまくいかなければ台無しになってしまいます。

今回はかぎ針編みの編み終わりについてくわしく解説します。

最後の段の編み方や巻きかがりの始末についてもご紹介しますので、編み物の仕上げを行う時の参考にして下さい。

かぎ針の編み終わりにはどんな方法があるの?

かぎ針編みの編み終わりは、基本的には引き抜き編みで編み地の裏側に毛糸を引き出して編み目にくぐらせ、余計な分をカットして終了です。

編み地にくぐらせることでほどけにくくなるうえに、外からは毛糸の端が見えにくくなるので仕上がりがきれいに見えます。

 

かぎ針の編み終わりに欠かせないのが「とじ針」です。

毛糸専用のもので、様々な太さや長さがあります。

これは使用する毛糸の種類によって使用するとじ針を変えるためです。

 

とじ針に毛糸を通すとき、針穴に毛糸を通しにくい場合は毛糸を2つ折りにしてから通すと入れやすいです。

リリー先生
リリー先生
とじ針に毛糸を通すコツについて紹介するね。

通しにくいときに試してみて。

1.とじ針に毛糸をひっかける

2.2つ折りにしたら手で押さえて毛糸のボリュームをおさえる

3.とじ針の穴に毛糸を通す

とじ針に毛糸を通すことができました

 

かぎ針の最後の段はどう編むの?

かぎ針の最後の段はどのように編むのか解説します。

1.編み図通りに編む

2.最後の目に対して引き抜き編みをする

編み終わりを引き抜き編みにすることで、編み目がほどけていくのを防ぐことができます。

3.毛糸の端を10㎝ほど残してカットする

4.かぎ針の代わりに毛糸用の針に端を通す

5.針を編み地の裏の編み目に2~3回ほど通す

編み地の隙間をぬってかぎ針を通すことで、外からは一見して分からないようにきれいに編み終わりを始末することができます。

また編み始めにでている毛糸も、編み終わりと同様に始末しておきましょう。

6.毛糸の端を引き出し、目に見える余分な部分をカットする

【編み方編】糸端の始末の仕方

編み終わりの方法について解説した動画をご紹介します。

短い時間で分かりやすくまとめてあるので、視聴してから編み終わりにチャレンジするのがおすすめです。

参考:糸端の始末の仕方についての解説動画はこちら

投稿者:FELISSIMOcouturier

再生時間:0:56

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぎ針で巻きかがりの始末の仕方は?

巻きかがりとはかぎ針で編んだモチーフ同士をつなぐ方法の1つです。

似ているようで違うものに「引き抜きはぎ」があります。

桜(さくら)
桜(さくら)
違うモチーフどうしをつないだときの編み終わりはどのように始末すればいいのでしょうか。
リリー先生
リリー先生
巻きかがりでモチーフをつないだ編み終わりも、毛糸の端をきれいに始末する方法があるんだよ。

今から解説するね。

今回は巻きかがりの始末の仕方についてご紹介します。

巻きかがりを行うために用意する毛糸はモチーフの長さ+始まりの10㎝+終わりの10㎝です。

1.片方のモチーフの外側の目を毛糸ですくう

すくって毛糸を引き出したところです

2.つなぎ合わせるもう1枚のモチーフの外側の目を毛糸ですくう

3.1~2を交互に繰り返し、モチーフをつなぎ合わせたところ

4.編み地を裏にひっくり返し、とじ針の先端を裏目に2~3㎝ほど通す

5.余分な毛糸をカットする

巻きかがりは毛糸をらせん状に二枚のモチーフの間に通していくことで、しっかりと結びつけることができます。

つなげるモチーフの数を増やしていくと、ブランケットなど大きなものも作れます。

モチーフの数が増えるに従い、巻きかがりのために用意する毛糸の長さは長くなっていきます。

今回のまとめ

今回はかぎ針編みの編み終わりについてくわしく解説しました。

かぎ針編みの編み終わりは、とじ針で裏面に毛糸の先端を巻き付けていくことでほどけにくく見た目もきれいに仕上がります。

また最後の段の編み方や巻きかがりの始末についてもご紹介しました。

最後の段を編むときは、引き抜き編みでほどけないように引き締めます。

巻きかがりの毛糸の始末も通常の編み終わりと同様です。

裏面に見えにくいようにとじ針で毛糸の端を通していきましょう。

ABOUT ME
ハンドメイドサイト案内係
ハンドメイドサイト案内係
ハンドメイドサイトの管理者です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。