刺繍

刺繍ミシンのレンタルって?名前のは?レンタルスペースについても

 

この記事では、刺繍ミシンのレンタルについてや、レンタルスペースについて解説していきます。

 

刺繍ミシンは、手芸で使う中でも群を抜いて高価な道具です。

 

本格的にやるならまだしも、

「ちょっと子供の小物にワンポイント刺繍や名前刺繍を入れたい」

「ミシン刺繍に少しだけ挑戦してみたい」

なんてあなたにとって、刺繍ミシンを購入することはかなり勇気がいることですよね…。

 

そんな時の強い味方が、刺繍ミシンのレンタルや、刺繍ミシンが置いてあるレンタルスペースです♪

 

購入を考えているあなたも!たまにしかミシン刺繍をしないあなたも!この記事を参考にしていただければ嬉しいです♪

 

 

刺繍ミシンの中古って?ブラザーは? ここでは、中古の刺繍ミシンについて選び方のポイントなどについて説明していきます。 さらに、人気のブラザーの刺繍ミシンの中古...

 

 

 

刺繍ミシンのレンタルって?どんな感じ?

刺繍ミシンは新品だけではなく、中古品も少なからず販売されてはいますが、どちらにしてもとても高価な道具です。

特に、手刺繍を楽しんでいるあなたにとっては桁違いの金額がかかってしまいます。

 

でも、ミシン刺繍って繊細で綺麗で簡単で…手芸好きなら一度はやってみたいジャンルですよね。

刺繍ミシンを買うほど使わない、試してみてから買いたい、そんな場合は刺繍ミシンのレンタルを利用してみましょう。

 

ここでは、刺繍ミシンのレンタルについて、そのシステムやお値段についてなど紹介していきます。

 

 

刺繍ミシンのレンタルってどんなもの?

 

刺繍ミシンのレンタルとは、基本的には次のようなステップで利用することができます。

 

Step 1

Web上や店舗で利用したい日数などを記入して申し込みます。

利用期間が決められているところもあったり、人気機種だとすぐに利用を待たなくてはならない場合もあります。

作品を完成させたい時期が決まっている時は、余裕を持って申し込みをしましょう。

 

↓↓↓

 

Step 2

宅配便などでミシンが自宅に届きます。

いざ使う時に使えない!となったら悲しいので、到着後はすぐに開封して動作確認をしましょう!

まれにパーツが足りなかったり、故障している場合があります。

 

↓↓↓

 

Step 3

刺繍ミシンで素敵な作品をたくさん作りましょう!!

一度も使ったことのない刺繍ミシンを借りる場合は、材料を必ず多めに用意しておきましょう。

刺繍ミシンはどんどん使いやすくはなっていますが、初めて使う時にはやはりコツがいります。

材料を必要最低限だけ用意しても失敗してしまう可能性があります。

 

↓↓↓

 

Step 4

期限内に返却できるよう、時間に余裕を持って返却しましょう。

返却の際は、全てのパーツや付属品が揃っているかきちんと確認しましょう!

付属品一つでも期限内に返却できないと延滞料金がかかる場合があります。

 

 

刺繍ミシンをレンタルする時の流れはこんな感じです。

いたってシンプルですよね。

 

桜(さくら)
桜(さくら)
レンタルするのにもっと手間がかかるかと思ってました。
リリー先生
リリー先生
インターネットからなら思い立ってすぐにでも借りることができるんだよ。

 

インターネットを日頃から使いこなしている場合には、webで簡単に申し込みができます。

気軽にレンタルを活用してみましょう♪

 

 

 

刺繍ミシンのレンタル どこで?いくらくらい?

 

今や手軽にレンタルできる刺繍ミシンですが、具体的にはどこで?いくらくらいで?レンタルできるのでしょうか。

ここでは、刺繍ミシンをレンタルできるサイトをいくつか紹介していきます。

 

 

ユザワヤ

ユザワヤは言わずと知れた大手手芸用品店です。

布などの材料販売はもちろん、ワークショップや教室をたくさん開催しています。

ユザワヤのレンタルミシンでは、ミシン糸などもレンタルと合わせて購入できます。

 

リリー先生
リリー先生
ミシンと一緒にミシン糸が送られてくるのも便利だよね。
桜(さくら)
桜(さくら)
材料店ならではのサービスですね!

ありがたい!!

 

レンタル利用案内
  • 価格: 7泊8日(送料無料)・¥8,500(税込)14泊15日(送料無料)¥11,000(税込)
  • レンタルできる刺繍ミシン: brother Parie(パリエ)EMM1901

(2019年6月現在)

 

サイトはこちらから ユザワヤ レンタルミシン

 

 

 

ミシンレンタル屋さん

ミシンレンタル専門店です。

専門店というだけあって、色々とオプションサービスが充実しています。

  • 安心補償サービス
  • フットコントローラー追加
  • レンタル糸セット追加
  • レンタル裁縫セット追加

 

これなら、全く裁縫をやったことのない初心者や、必要な時にしか手芸をやらない場合にも余計な物は買わずに済みますね!

ただ、人気&有名なレンタルショップなので、人気機種はほとんど ”ただいま品切中です” になっています。

 

リリー先生
リリー先生
使いたい時期や完成させる期限が迫っている場合にはオススメできないかな。 
桜(さくら)
桜(さくら)
でも、色々な道具が一緒にレンタルできるのは嬉しいですね。

 

レンタル利用案内
  • 価格: 7泊8日(送料無料)・¥6,980(税込)13泊14日(送料無料)¥8,980(税込)
  • レンタルできる刺繍ミシン: brother Parie(パリエ)

(2019年6月現在)

 

サイトはこちらから ミシンレンタル屋さん

 

ReReレンタル

ReReレンタルは、家電・楽器・カメラなどの総合レンタルサイトです。

手芸の道具に特化しているわけではないので最新機種は揃っていませんが、とりあえず刺繍ミシンを使ってみたい、小さな名前刺繍やワンポイント刺繍だけ入れたい、という場合には十分です。

 

基本的には3泊4日パックのみで、そこからは延長をしていくシステムになっています。

ワンポイント刺繍なら問題ないですが、大作をじっくり作ってみたい、長期間借りたい、という場合には向いていません。

 

リリー先生
リリー先生
長期間借りると高くつくから気をつけようね!
桜(さくら)
桜(さくら)
でも、基本の3泊4日でもかなり色々刺繍を楽しめそうですね♪

 

レンタル利用案内
  • 価格: 3泊4日(送料無料)・¥9,180(税込) 延長料金 ¥900/日
  • レンタルできる刺繍ミシン: JUKI HZL-010N

(2019年6月現在)

 

サイトはこちらから ReReレンタル

 

 

Rentio

こちらも家電やカメラの総合レンタルサイトです。

先ほどのReReレンタルよりも新機種が揃っていて、さらにはある程度の台数があるようで、比較的いつもレンタルすることができます。

また、刺繍ミシンをレンタルする場合、こちらは「補償プラン」が無料で付いてくるのも安心です。

 

こちらは、手芸道具専門のレンタルショップではないにも関わらず、ミシン用の糸を合わせて購入することもできます。

値段やサービルを総合的に考えると、機種を限定していないのであれば、こちらのレンタルサイトはどんな人にもオススメできます!

 

リリー先生
リリー先生
そんなに待たずにレンタルできるから、使いたい時に使えるね。
桜(さくら)
桜(さくら)
それって、結構重要なポイントですよね。

 

レンタル利用案内
  • 価格: 3泊4日(送料無料)・¥9,980(税込) 延長料金 ¥300/日
  • レンタルできる刺繍ミシン: brother Family Marker FM2000D

(2019年6月現在)

 

サイトはこちらから Rentio

 

 

 

各社レンタルサイトを比較してみるとこんな感じになります。

 

価格 品揃え レンタル台数
ユザワヤ
ミシンレンタル屋さん ×
ReReレンタル ×
Rentio

 

新生活の準備をする2~3月はどこも刺繍ミシンが品薄になりがちです。

どうしてもその期間に作業をしたい場合には、早めに手配しましょう!

 

リリー先生
リリー先生
小さいお子さんを持つ場合は手提げ鞄などに名前刺繍を入れるケースが多いよね。
桜(さくら)
桜(さくら)
ただミシン刺繍を楽しみたいという時には、2~3月は避けたようが良さそうですね。

 

 

 

刺繍ミシンのレンタルスペースって?どんなところ?

刺繍ミシンをレンタルする方法には2種類あります。

 

  1. 先ほどからご紹介しているミシンレンタルサービスを利用して自宅で作業する方法。
  2. 刺繍ミシンが置いてあるレンタルスペースに出向いて作業する方法。

 

ここでは、刺繍ミシンが使えるレンタルスペースについて、メリットやお値段についてなど紹介していきます。

 

自宅で作業できた方が楽チン♪と思うかもしれませんが、実はレンタルを使うといいことがたくさんあります!

 

レンタルスペースを使うメリット
  • クラスやイベント、ワークショップが開催されていることが多く、新しい情報が入りやすい。
  • 同じ趣味を持つ友達を作りやすい。
  • 常に新しい機種で作業することができる。
  • 刺繍ミシン以外にもロックミシンなど、小物作りに便利な道具も使うことができて作業がはかどる。

 

これらはメリットのうちのほんの一部ですが、これだけみても時間をかけてレンタルスペースに出向く価値がありますよね。

 

残念ながら、刺繍ミシンが置いてあるレンタルスペースは東京などの都市部に集中してしまっています。

 

ただし、大手手芸用品店やミシン販売店が、ミシンを使えるイベントやワークショップを開催することもありますので、都市部以外にお住まいのあなたも刺繍ミシンを自宅以外で使えるチャンスもあります♪

 

では、刺繍ミシンが使えるレンタルスペースをいくつか紹介していきます。

 

 

Tech Shop

世界各地に展開する、会員制DIY工房「Techshop」。

アジア初となる店舗が、六本木のアークヒルズにオープンしました。

仕事帰りに気軽に立ち寄って、アイデアを形にしてみたり、

「ものづくり」について語り合ってみませんか。

引用:Tech Shop TOKYO

 

こちらは、手芸ジャンルにとどまらず皮の加工や木工、金工に関する道具や機械も借りられるレンタルスペースです。

また、世界中にスペースを構えているので、空間自体もハイセンスで創作意欲が湧いてきます!

ものづくり好きには天国のような空間ですね。

 

施設内容
  • 所在地:東京都港区
  • 営業時間:平日10:00~23:00 休日10:00~21:00(不定休)
  • 価格:1日利用・¥4,500(税別) 月間利用・¥18,500(税別) 年間利用・¥198,000(税別)※別途、使う機器ごとにトレーニングを受講します。¥4,000(税別)~/機器
  • 使える刺繍ミシン:ハスクバーナバイキング Designer Ruby Royale

(2019年6月現在)

 

施設内で初めて機器を使う時は、きちんと使い方講座を受ける必要があります。

受講料はかかってしまいますが、使ってみて失敗…なんてことがないので材料もロスが出ず嬉しいですね♪

また、ロックミシンや職業ミシンも常備しているので、刺繍を入れたい小物作りも一緒にここで作業ができてしまいます。

 

ワンポイント刺繍や名前刺繍を入れたい場合というよりは、本格的な刺繍入り作品を作りたいプロ志向のあなたにオススメです。

 

サイトはこちらから Tech Shop

 

 

 

coromoza

原宿、表参道にあるファッションのコワーキングスペースです。

誰でも自由にご利用頂けるオープンなスペースで制作活動が行え、

洋服作成に必要な道具はご自由にご利用頂けます。

またクリエイターや服好きが集まり交流できるイベントや

新しい発想が生まれるような勉強会も開催しています。

引用:coromoza

 

コワーキングスペース(Coworking Space):コワーキングの「CO」は、「共同」を意味し、コワーキング(Coworking)とは、「共同で仕事をする場所」という意味になります。

 

コワーキングスペースは2000年頃から世界中で広がり始めた「仕事場スタイル」です。

日本でも、フリーランスの方を中心に広く浸透しています。

 

 

 

少し話はそれましたが…

こちらは、アパレルに関する作業に特化したレンタルスペースです。

ミシン作業に限らず、様々な作業が可能です。

  • ミシンや刺繍ミシンを常備したスペースの利用
  • アパレルCADの利用や出力
  • オリジナル生地のプリント
  • 洋裁教室

 

施設内容
  • 所在地:東京都渋谷区
  • 営業時間:10:00~22:00 (プランによっては24:00まで)(年末年始など定休)
  • 価格:1日利用・¥3,780(税込) 15分単位利用・¥270(税込) + 刺繍サイズによって別途刺繍ミシン利用料 ¥500(税込)~¥5,000(税込)※任意の刺繍ミシン講座 ¥10,000(税込・材料費込)
  • 使える刺繍ミシン:Brother PR650e Entrepreneur

(2019年6月現在)

こちらの施設では、刺繍データを作成するソフトも用意されているので、レンタルスペース内でデータ作成からミシン刺繍の作業まで、一連の作業をすることができます。

また、自分でミシン刺繍などの作業ができる以外に、プロに刺繍データ作成から刺繍加工までを依頼することができます。

 

15分単位でもレンタルできるので、ワンポイント刺繍や名前刺繍を少し入れたい場合にもいいですね!

さらに、複数日に作業がまたがる時も道具や材料などの荷物も預かってくれるので、大作を作る場合にも便利です。

 

小物を作るというよりも、大作や洋服などの複雑な作品を作りたい場合にオススメの施設です。

 

サイトはこちらから coromoza

 

 

 

Bobinage(ボナージュ)

手づくりってこんなに楽しかったんだ。

そんな感動をもっと身近で、たくさんの人に感じていただくための、

気軽に立ち寄れる場所。

それがBobinage(ボビナージュ)です。

(中略)

ミシンは使ったことないけど、手づくりをしてみたい、

ちょっとあいた時間で何かをつくってみたい、

お友だちや親子で一緒に手づくりを楽しみたい…、

そんな時は気軽にミシンが使えるクリエイトルームにどうぞ…。

(中略)

Bobinageは、日本のミシンメーカーとして90年、

「手づくりの喜び」とともに歩み続ける

蛇の目ミシン工業株式会社が運営するショップです。

引用:Bobinage 

 

そうなんです!あのミシンメーカー・蛇の目ミシン工業が運営するレンタルスペースなんです!

自社のミシンをアピールする場も兼ねているので、他のレンタルスペースに比べても利用料がとても安いのは嬉しいです♪

常備されている機器は、一般用ミシン・ロックミシン・カバーステッチミシン・刺繍ミシンのみと少ないですが、刺繍入りの小物を作ったり、ワンポイント刺繍や名前刺繍を入れるだけなら十分のスペースです。

 

施設内容
  • 所在地:東京都武蔵野市
  • 営業時間:10:00~19:00 (月曜定休)
  • 価格:1時間利用・¥700(税別)延長料金・¥350(税別)/30分(2019年6月現在)
  • 使える刺繍ミシン:JANOME セシオ14000・Secio9710・Secio9700 ・メモリークラフト200E

(2019年6月現在)

もちろんJANOMEのミシンに限定はされますが、刺繍ミシンだけでも6台も常設されているので、予約が取りやすいです。

また、ミシンの操作方法は無料でスタッフの方が教えてくれます。

その点も他のレンタルスペースとは異なるポイントです。

 

気軽に手軽にミシン刺繍をしたい場合や、刺繍ミシン購入を迷っているあなたにもオススメのスポットです!

 

サイトはこちらから Bobinage

 

 

レンタルスペースではありませんが、brotherも自社のミシンを無料で使うスペースを設けています。

こちらは、自由に自分の作品を作るのではなく、レッスンスタイルです。

brotherミシンを使ってみたい、ミシンのテクニックをスキルアップしたい、そんな場合にオススメです。

ブラザーソーイングカレッジ

 

このように、どうしても都市部に限られてしまいますが、刺繍ミシンを使うことのできるレンタルスペースはどんどん増えてきています。

また、刺繍ミシンを使ったワークショップもたくさん開催されていますので、興味のあるあなたは積極的に参加してみましょう♪

 

 

今回のまとめ

今回は、刺繍ミシンのレンタルについてや、レンタルスペースについて解説してきました。

 

刺繍ミシンをレンタルして自宅で落ち着いて作業するのもいいですし、レンタルスペースに出向いて同じ趣味を持つ仲間とワイワイ楽しく作業するのもいいですよね。

気分や作るものによって、レンタルミシンとレンタルスペースを使い分けてみましょう。

また、レンタルスペースで使い方をマスターしてから、自宅で維新をレンタルするのも賢い方法です!

 

今までは「値段が高いから」という理由でミシン刺繍に挑戦できなかったあなたも、色々なレンタルサービスを利用して、ぜひミシン刺繍に挑戦してみてください♪

 

ABOUT ME
奏
ただいまアメリカにて子育て真っ最中の一児のママです。 手芸から日曜大工、部屋のリフォームまで…とにかくモノ作りが大好きで、家事の合間に家でハンドメイドを楽しんでいます。 ハンドメイドを始めたばかりの頃、私自身が困ったり悩んでいたことを少しでもシェアできればと思っています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。