かぎ針編み

かぎ針編みの輪で作れるものは?編み方の基本やコツを写真画像で解説!

かぎ針編みで編めるものの中には中が空洞になった「輪」の形をしたものもあります。

いったい輪を利用してどんなものが作れるのか気になりますよね。

それにどんな編み方があるのかも知りたいところです。

今回はかぎ針編みの輪で作れるものをご紹介します。

また輪の編み方の基本やコツについても解説しますので、かぎ針編みのバリエーションを広げる参考にどうぞ。

かぎ針編みの輪でどんなものが作れる?

かぎ針編みは円だけではなく、中央に空白がある「輪」の形に編むこともできます。

いったいどんなものが作れるのかご紹介します。

帽子

帽子には円のように中心から編んでいくタイプと、頭にかぶせる帽子の口の部分から編んでいくタイプの2種類があります。

どちらの方法でも帽子は編めますが、帽子の口の部分から編んでいくと自分の頭に合わせてサイズをぴったりに調整しやすいというメリットがあります。

髪飾り

ティアラなど、髪飾りも輪を作るところから編み始めます。

またゴムなどの素材を中心の芯として利用し、編むこともできます。

編みぐるみ

筒状に編んで立体に仕上げることが多い編みぐるみも、輪を編んでから仕上げることができます。

ボトルカバー

ペットボトルや水筒を衝撃から守り、保温にも役立つボトルカバーができます。

編み図がなくても実物に合わせて自分の好みのフィット感で編むことができるので、初心者向けです。

モチーフ

円形のモチーフは輪を基本に編むことが多いです。

また正方形なども輪を中心に編んでいくことができます。

桜(さくら)
桜(さくら)
かぎ針編みの輪で作れるものはたくさんあるんですね。
リリー先生
リリー先生
 応用しやすいのがかぎ針編みの輪編みだよ。

マスターしておくとチャレンジできる編み図の幅が広がるから、早めに習得しておこう。

かぎ針の編み方の基本 輪はどう編む?

かぎ針編みの輪の編み方には大きく分けて2種類の編み方があります。

一体どんな編み方があるのか見ていきましょう。

毛糸で輪を作って編んでいく

毛糸で作った輪に編み目を編み入れて編んでいく方法です。

真ん中が詰まっている輪の作品によく使用される編み方です。

くわしくはこちらを参考にご覧下さい。

参考URL:かぎ針編みの円の編み方についてくわしくはこちら

鎖編みに編み込んでいく

鎖編みで輪っかを作り、そこに毛糸を引っかけながら編んでいく方法です。

真ん中に空白があるので、中心を詰めたデザインの作品を作るのには向きません。

しかし帽子など真ん中に空白が必要な作品を編むのに適しています。

基本的な編み方についてご紹介します。

1.鎖編みを編んでいき、最初の目にかぎ針を差し込む

このとき鎖編みがねじれてしまうと、この後に編んでいく編み目も一緒にねじれてしまいます。

ねじれがないか形を整えてから最初の目にかぎ針を差し込みましょう。

2.引き抜き編みをして、輪っかの基本を作る

引き抜き編みをしたところ

3.一段目の立ちあがりの目を編む

今回は長編みを編むので鎖目3目を編む

細編みなら鎖目1目、中長編みなら鎖目2目となるので、編み図に従う

4.かぎ針に毛糸を引っかけて輪の中心にかぎ針を差し込み、毛糸を引っかける

かぎ針に毛糸をひっかけた状態で、輪の中心にかぎ針を差し込む

かぎ針に毛糸を引っかけ引き出す

 

5.長編みを編み図通り編んでいく

長編みが1目編めたところ。

編み図通りの編み目と編み目数を編んでいく

6.最後に立ちあがりの鎖目3目の部分にかぎ針を差し込み、引き抜き編みを行う

中心に空洞があることがわかります。

毛糸で作った輪に編み目を入れていくよりも中心に空白ができやすいです。

 

くさり編みで「わ」の作り目を作る | かぎ針編みの基本

 

参考URL:「くさり編みで「わ」の作り目を作る 」の動画はこちら

投稿者:ネコジロウTV

再生時間:2:32

 

鎖目から作る長編みの輪の編み方について分かりやすく解説した動画です。

字幕はありませんが、とても分かりやすく解説してあります。

かぎ針と毛糸を用意して一緒に画面の前で編むと分かりやすいです。

細編みや中長編みなどで輪っかを編んでいく場合も方法は同じです。

ご紹介した2つの方法の他にも、リングや輪ゴムなど輪っか状態のものに編み込んでいく方法もあります。

シュシュを作ったり、真ん中の輪っかをきれいに編みたいモチーフ作りなどに用いられる方法です。

 

リングに編み込んでいく場合は、あらかじめ毛糸で輪っかを作る必要はありません。

リングを毛糸の輪に見立てて編み込んでいけば完成です。

 

かぎ針の輪のコツはコレ!

桜(さくら)
桜(さくら)
かぎ針編みで作る輪のを編むと、思うような形にならないことがあります。

なかなか思い描いた通りのなだらかな輪になりません。どうしてでしょうか。

リリー先生
リリー先生
かぎ針編みの輪を編むんだったら、まずはおさえておきたいポイントがあるんだよ。

解説するから参考にしてね。

かぎ針編みの輪のコツをご紹介します。

均一の編み目を編む

全ての編み物に共通して言えることですが、特に輪の場合はきれいな形に仕上げるためにも均一の長さ・大きさの編み目で編んでいくことが重要になります。

鎖目で最初の輪を編んでいくときは、ひとつひとつの鎖目の大きさがバラバラの不揃いにならないように注意しましょう。

引き抜き編みの場所に注意

立ちあがりがある編み図の場合、段の最後は立ちあがりの鎖目に対して引き抜き編みを行います。

もしこの位置がずれると、全体のフォルムが崩れる原因となります。

 

最初と最後が分かりにくいという場合は、段数マーカーなど目印を立ちあがりの鎖目につけておくと分かりやすいです。

また編み目の頭を数えて編み図と比較しても分かりやすいです。

 

くわしい閉じ方についてはこちらを参考にご覧下さい。

参考URL:「かぎ針編みで輪編みの立ち上がりは?増やし目は?閉じ方についても」の記事はこちら

引き出す毛糸の量を編み目にあった長さにする

編み目にはそれぞれに合った高さがあります。

たとえば長編みの場合は、立ちあがりの鎖目3目がちょうどいい長さです。

編み目の長さは引き出す毛糸の長さに左右されますので、それぞれの編み目にあった長さの毛糸を引き出しましょう。

高さが足りなかったり大きすぎたりすると、編み目の頭の幅も変化するため編み図通りの仕上がりになりません。

 

今回のまとめ

今回はかぎ針編みの輪で作れるものをご紹介しました。

かぎ針編みで作る「輪」は中心が空白になるので、その特性を活かし次のようなものが作れます。

  1. 帽子
  2. 髪飾り
  3. 編みぐるみ
  4. ボトルカバー
  5. モチーフ

また輪の編み方の基本やコツについても解説しました。

かぎ針編みの輪は毛糸で作った輪、もしくは鎖編みで作った輪に毛糸をくるむようにしてかけて編んでいきます。

輪をきれいに編むためには、次の3点に注意しましょう。

  • 均一の編み目を編む
  • 引き抜き編みの場所に注意
  • 引き出す毛糸の量を編み目にあった長さにする

輪が編めるようになると、編める作品の幅が広がりますのでぜひともチャレンジしてみましょう。

ABOUT ME
ハンドメイドサイト案内係
ハンドメイドサイト案内係
ハンドメイドサイトの管理者です。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。